プチ・フランスと呼ばれながら小京都にも例えられる神楽坂のお散歩情報。

Alberini
アルベリーニ

  • 公開日:2013年6月22日
  • 最終訪問日:2014年7月29日

チャーリーブラウン跡地に開店したイタリアン。
トスカーナ州フィレンツェの郷土料理をおいしく食べられるカジュアルなイタリアン。

かわいい女性のサービスと人当たりの良いシェフとカウンター席で楽しく過ごせるイタリアンだ。

お気に入りのメニューは「ランプレドット」と「ラビオリ」。
どちらも派手さはないけど、いや、だからこそ時々食べたくなる体に合う味。

トスカーナのお料理はシンプルな調理で素材のおいしさを味わうものなのだそう。
そう聞くと日本人になじむのも当然って気がする。

2013年秋にはミシュランガイド"ビブグルマン"に掲載されたそうです。
おすすめ。

一人ディナー

2014/07/29:アルベリーニ:一人ディナー:5875

リゾット
リゾットは天使のえび入り。
ババは自家製リモンチェッロ風味の風味でさわやかに。

2014/04/26:アルベリーニ:一人ディナー:5875

とろっとガトーショコラ
ミートソースは大きめ角切り肉!
好き。
そしてラビオリの中のジャガイモはやっぱりほっこリ。
好き。

ガトーショコラはとろとろだよ。最高!

2014/01/29:アルベリーニ:一人ディナー:5875

今度こそ内臓メニュー「ランプレドット」。
癖はほどほどのホッとする味。

フィレンツェの伝統的な料理でパンに挟んで売る屋台が沢山あるのだそう。
と言うので、パンを追加してスープを浸していただく。
真ん中のバジル的ソースを溶かながら味を変化させながら食べる感じがからしを溶き溶き食べるおでん的な味がホッとする。

そしてまたラビオリ!
そしてまたお店の写真を撮り忘れた。
次回は食べる前に撮る。

2013/10/09:アルベリーニ:一人ディナー:5875

ジャガイモのラビオリ
内臓系メニューを。。。と思って訪問したがジャガイモのラビオリが気になってしまい方針変更。

ラビオリはバターとセージのソースにリコッタアフミカータのスモーク香が良い。
じゃがいものほっこりする味も良い。
そもそもラビオリって大好き。

ランチでラビオリが食べたくなるとヴェーリが思い浮かぶけれど、一人ディナーができるイタリアンでラビオリがあるところって他にあったかな?

パスタで炭水化物を撮ってしまったのでデザートはリモチェッロのみ。
ワインも2杯ほどいただいて5200円。

とりあえずまたラビオリ食べたくなったら訪問する。
また店の写真撮り忘れたしね。。。

2013/06/18:アルベリーニ:一人ディナー:5875

レバーのクロスティーニ
レバーのクロスティーニは初めて食べた温かいタイプ。
レバーは温かいと臭いを強く感じるけれど、この店のは比較的臭みは少なく、苦味のあるグリンサラダも添えられているのでバランスよくおいしいワインのつまみ。

メインに選んだのはイカのトマト煮込み。
ほうれんそうも入って予想よりも野菜が採れて良い晩御飯になった。

〆にいただいたピスタチオのティラミスもくど過ぎず適度な甘さで大満足。

3品とも食べやすい味で悪く言うと個性は弱め。
だからこそメニューに並ぶ内臓系のイタリア郷土料理もこの店だったらクセが抑えられて美味しく食べられるんじゃないかと気になる。

ワイン2杯とコーヒー飲んで4500円。
きっとまた行く。

2013/06/08:アルベリーニ:一人ディナー:5875

イカのトマト煮込
イタリア料理のメニューはいろいろ知っているつもりだったけれど、
初めて名前を聞く郷土料理が沢山あるのものも楽しい。
こちらのメニュー目には「インヅィミーノ」。

2013/05/18:アルベリーニ:一人ディナー:5875

ピスタチオのティラミス
ピスタチオグリーンのティラミスはさっぱり食べられるレストランのティラミス。
ケーキ屋さんのティラミスってずっしり重たいのが多いけど、
ティラミスは絶対料理屋で食べるフレッシュでふわっとしたやつがおいしい。

その他

チャーリーブラウン跡地に新しいイタリアンが開店。
テーブル席の奥にカウンターが見えたので早速訪問してきた。

レバーのクロスティーニは初めて食べた温かいタイプ。
レバーは温かいと臭いを強く感じるけれど、この店のは比較的臭みは少なく
苦味のあるグリンサラダも添えられているのでバランスよくおいしいワインのつまみ。

メインに選んだのはイカのトマト煮込み。
ほうれんそうも入って予想よりも野菜が採れて良い晩御飯になった。

〆にいただいたピスタチオのティラミスも
くど過ぎず適度な甘さで大満足。

3品とも食べやすい味で悪く言うと個性は弱め。
だからこそメニューに並ぶ内臓系のイタリア郷土料理も
この店だったらクセが抑えられて美味しく食べられるんじゃないかと気になる。

かわいい女性のサービスと人当たりの良いシェフと
カウンター席で楽しく過ごせたのも満足度アップの要因かも。
ワイン2杯とコーヒー飲んで4500円。

外観の写真を撮り忘れたのでそのうち再訪問する予定。

[スポンサードリンク]

チャーリーブラウン跡地に新しいイタリアンが開店。
テーブル席の奥にカウンターが見えたので早速訪問してきた。

レバーのクロスティーニは初めて食べた温かいタイプ。
レバーは温かいと臭いを強く感じるけれど、この店のは比較的臭みは少なく
苦味のあるグリンサラダも添えられているのでバランスよくおいしいワインのつまみ。

メインに選んだのはイカのトマト煮込み。
ほうれんそうも入って予想よりも野菜が採れて良い晩御飯になった。

〆にいただいたピスタチオのティラミスも
くど過ぎず適度な甘さで大満足。

3品とも食べやすい味で悪く言うと個性は弱め。
だからこそメニューに並ぶ内臓系のイタリア郷土料理も
この店だったらクセが抑えられて美味しく食べられるんじゃないかと気になる。

かわいい女性のサービスと人当たりの良いシェフと
カウンター席で楽しく過ごせたのも満足度アップの要因かも。
ワイン2杯とコーヒー飲んで4500円。

外観の写真を撮り忘れたのでそのうち再訪問する予定。

基本情報

Alberini:アルベリーニの地図
周辺の地図を見る
追加する  削除する  追加した地図を見る
住所東京都 新宿区 袋町 2
電話番号 03-6265-0620
ホームページhttp://alberini.jp/
公式サイト
電話番号