プチ・フランスと呼ばれながら小京都にも例えられる神楽坂のお散歩情報。

Fleur Fiore
フルールフィオーレ

  • 公開日:2013年5月12日
  • 最終訪問日:2014年3月 7日

2014/03/07:フルールフィオーレ:外観:5864

一年たたずに店が変わったのかと思ったら、「ブル・フォレスタ」がリニューアルして「フルールフィオーレ」と店名を変更しただけだった。

店名以外は内装も、一部のメニューも塩気が弱気な味付けも変更無し。
人の良さそうなソムリエールも同じ人なので居心地も今までどおり。

ランチ

2014/03/07:フルールフィオーレ:ランチ:5864

ラタトゥイユ
モッツァレラとラタトゥイユの組み合わせ。
さっぱり食べられるお味。

2014/03/07:フルールフィオーレ:ランチ:5864

きのこのフランアスパラガスとウニのソース
きのこの食感と香りがおいしいフラン。
ウニソースのまろやか味でお酒がなくてもおいしく食べられる味。

一人ディナー

お料理は塩気が控えめでお酒がなくてもおいしく食べられるお料理という印象。
ワインは各国いろいろの自然派中心の品ぞろえらしい。

前菜2品にスプマンテ、グラスワイン2杯いただいて3654円。
ワインのお味は普通だけどお手ごろ価格なので納得の内容。
カウンターがあり、量も一人で食べきれる量なので冷温前菜1品づつとか、前菜一皿にメインひとつで一人晩御飯しやすいお店だと思う。

その他

2013/05/11:フルールフィオーレ:過去情報:5864

ブル フォレスタ
トライブスだった場所がイタリアンになっていた。

入り口の造作は変更になっていたけれど、
お店の中はほとんど変更なし?
そのためかちょっとイタリアンっぽくない感じ。

臭みの無いアジのレモンマリネは
松の実の食感が楽しい茄子のタルタルの組み合わせ。
砂肝のコンフィも癖が無く仕上がっていた。

が、両方とも前菜はすごく油っこかった。
それに対して塩気がかなり弱気でバランスが悪い感じ。

そこでパンを頼んだのだがこのパンがまた微妙。
量が半分でよいからもう少しマシなパンが食べたかった。

ワインは550~700円の物をいただいたのだが
こちらはお手頃価格のワインとしてはおいしかった。

冷前菜、温前菜、パンと泡、白、赤と飲んで3880円。
十分ボリュームもあったのにリーズナブル。

この値段だったら別のメニューで再チャレンジしても良いかも。
油が少なそうな白レバーのパテとパスタあたりで。

[スポンサードリンク]

基本情報

Fleur Fiore:フルールフィオーレの地図
周辺の地図を見る
追加する  削除する  追加した地図を見る
住所東京都 新宿区 若宮町 10−7 ヴィラ若宮 1F
電話番号 03-6265-0182
その他サイト
電話番号
食べログFleur Fiore:フルールフィオーレ

Warning: require_once(Net/Socket.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/frida/pear/PEAR/HTTP/Request.php on line 54

Fatal error: require_once(): Failed opening required 'Net/Socket.php' (include_path='.:/home/frida/pear2/PEAR') in /home/frida/pear/PEAR/HTTP/Request.php on line 54